プロフィール

富山サンダーバーズのスタッフが、チームからのお知らせ、イベント報告などを随時更新!

2011年02月 アーカイブ

2011年02月28日

第4回いみずSCネットワーク野球塾

今回で最終回となりました、射水市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(いみずSCネットワーク)主催の野球塾(4回コース第4回目)を行いました。
今回の会場は、ヨシダ大島体育館で講師を務めたのは前回に続き、高野雅哉選手です!

これまでの3回は、冬場ということでトレーニング系のメニューを中心に行ってきましたが、4回目の最後はキャッチボールやゴロ捕球、バッティング練習など野球の練習を中心に行いました。その他にも、常に試合(相手)をイメージして練習を行うことの大事さなどを子供たちに伝えさせていただきました。


バッティング練習ではスイングを見て一人ひとりにアドバイス!
生徒たちも真剣でしたが、少年野球チームの指導者の皆様も熱心にメモを取り、一緒に身体を動かしながら参加していただきました。

野球塾終了後には、サインを求める生徒たちに囲まれ大人気の高野選手でした。

子供たちの期待に応えるためにも、今シーズンは大車輪の活躍を魅せてほしいですね。

<また、今回野球塾を行ったヨシダ大島体育館は、体育館周辺には照明機器のある大きな多目的広場やトレーニング施設、弓道場などもあり、とてもきれいな運動公園でした。
是非、一度利用してみてはいかがでしょうか。

第13回ビッグエッグ少年野球大会開会式&大門JBC卒団式

来月開幕する「第13回ビッグエッグ少年野球大会」に先立ち開会式及び組み合わせ抽選会が行われ、今年も監督の横田久則が開会式に参加させていただきました。

今年は県内から64チームが参加し、3月12日(土)から五福公園や県総合運動公園などで熱戦が繰り広げられる予定です!
そして、この大会の優勝チームには、富山サンダーバーズ野球教室への参加権利が副賞として贈呈されます。
今年は、野球教室だけなく優勝チームと富山サンダーバーズが試合をするというのも面白いかもしれないですね。。。

また、翌日(27日)「大門ジュニアベースボールクラブ」の6年生を送る会(卒団式)に横田監督がサプライズゲストとして飛び入り参加しました。
卒団する6年生7名へ激励の言葉とサインそして最後にみんなで記念撮影を行いました。
少しでも子供たちの思い出になればと参加させていただきました。子供たちはみんな「きらきら」した良い目をしていました。

是非、ビッグエッグ少年野球大会に参加する子供たち、大門ジュニアベースボールクラブの子供たち、この中からたくさんのプロ野球選手が誕生することを期待したいですね!!!

2011年02月27日

イオンモール高岡

2月26日 イオンモール高岡様にて、チアティーズのパフォーマンス、新入団選手9名のユニフォーム姿を披露させていただきました。

まずは、チアティーズのパフォーマンスと自己紹介。
研修生も初めての出演で緊張気味でした。
そして、何度観ても相変わらず高いです。そしてキレがあります。
チアリーディングの世界はまだまだ勉強中でよく分からないのですが、
これでも全然初級編なんだそうです。
イベント責任者としては、落ちてケガしないかとか、足捻ったり、滑ったりしないかとか、まだまだヒヤヒヤしておりますが、チアティーズの皆様は”練習してるし、信頼関係があるから”の一言でした。
素晴らしい。

そして、後援会総会終了後にお越しいただいた新田後援会長の激励のお言葉に続き、新入団選手9名の初ユニフォーム姿披露。
やっぱり彼等も野球人。ユニフォームを着るとキリッとしますね。似合います。
同時に背番号も発表させていただきましたが、小山内⇒加藤と続いた48番は百合投手に、ガンジーの10番は池田。塚本の0番は駒井。小園の47番は武蔵。三橋の34番は松田。そして松橋の27番は瀬戸に。ん、瀬戸?内野手?
いいんです。内野手でも27番でいいんです。
瀬戸には色々な意味で一生懸命頑張って成長したもらいますので、27番でいいんです。

最後にチアティーズと新入団選手で記念撮影

多くのお客様にご来場いただき、本当にありがとうございました。
4月10日(日)13:00 アルペンスタジアムにてホーム開幕戦が行われます。
チアティーズの明るく元気なパフォーマンス。
そして、選手達が全力で戦う姿を応援して下さい。

スタジアムでお待ちしております。

アルプス少年野球連盟 総会

アルプス少年野球連盟様の総会にゲスト出演させていただきました。
アルプス少年野球連盟様は新川地区を中心として少年野球連盟で、今までも指導者講習会や野球教室に講師としてお招きいただいており、色々な面でご支援を賜っている連盟様でもあります。
今回は、総会終了後に横田監督の講演をさせていたき、懇親会にも参加させていただきました。
横田監督の講演では、夢を叶える為には、野球の指導とは、様々な視点から子供達を指導される皆様に講演させていただきました。

そして、懇親会には、アルプス少年野球連盟所属チーム”相ノ木ッズ”で野球を始めた上市町出身の成瀬選手、新入団の拓也選手、池田選手も参加させていただきました。
懇親会では、所属全チームの皆様の決意表明が行われ、最後に富山サンダーバーズも決意表明させていただきました。
池田選手は優勝して1年でNPB入り
拓也選手はまずは正捕手の座を獲得すること
そして、地元出身の成瀬選手は
”2010年の9月は月間6本のHRを打ったので、2010年は、シーズンが6ヶ月あるので、36本のHRを打って、優勝してNPBに行きます!”
会場は大きくどよめき、拍手喝采でした。
最後に横田監督からの決意表明
”優勝”これしかありません。

アルプス少年野球連盟の皆様、温かいお言葉、激励をたくさん頂戴し、本当にありがとうございました。
成瀬選手と横田監督の決意が現実となるよう精進致しますので、
今後とも、叱咤激励いただきますようお願い申し上げます。

大阪商業大学校友会 富山県支部様にて

大阪商業大学校友会 富山県支部様よりお招きいただき
進藤コーチが講演をして参りました。
校友会の横田安弘様が進藤コーチの先輩にあたることや
”富山サンダーバーズがんばれ”との熱い想いでお呼びいただきました。

宴席が始まる前に講演をさせていただき、
リラックスした雰囲気で始まりました。
大阪商業大学出身のNPB選手で進藤コーチの同僚と言えば
大洋ホエールズのエース斉藤明夫さん
まだまだ現役佐伯貴弘選手(現中日ドラゴンズ)、オリックス時代には谷佳知選手(現読売巨人軍)等がいらっしゃいます。
ご参加の方々は斉藤明夫さんと同年代の方が多く、自然と斉藤さんのお話が中心に。
佐伯選手、谷選手とも一緒にプレーしており、谷選手の奥様とのお話等々、
リラックスした雰囲気で、ついついここでは書けないネタを進藤コーチも話していました。

講演の時間もあっという間に終わり、宴席をご一緒させていただきました。
お酒を召し上がる皆様からは、本当にここではとても書けない質問を多くいただき、進藤コーチは時に本当にことを、時に笑ってごまかしておりました。
私もご一緒させていただき、NPBの面白い話を幾つも聞かせていただき”これぞ役得”面白いネタをいっぱい仕入れさせていただきました。

この度は、大阪商業大学校友会 富山県支部の皆様、お招きいただ誠にありがとうございました。
2011シーズンは、皆様より頂戴した温かいご支援、ご声援を胸に”優勝”
2文字でお返しさせていただく所存であります。
そして、スタジアムでお待ちしております。
本当にありがとうございました。

2011年02月24日

立山営農センター

2月24日(木)アルプス農業協同組合立山営農センターにおきまして、生産者の方約70名に「町おこし」をテーマに球団代表の永森が講演を行いました。

講演ではBCリーグと球団設立時の経緯、不況の中、社会人チームやクラブチームの減少により、若者が野球を続けたくても続ける環境が失われている現状などを紹介しました。その中で富山サンダーバーズの目指すものは、高校野球や大学野球後の野球を続けたい若者の受け皿として、地域の皆様に愛される球団にしていきたいと語りました。
また、今年は新しい試みとしてチアリーディングチーム「チアティーズ」を立ち上げ、試合だけではなく、試合前やイニングの合間にもご来場いただいたお客様に楽しんでもらえる魅力あるスタジアム作りをできるようがんばっていきますので、ぜひ試合会場に足を運んでいただければと思っております。宜しくお願い致します。

2011年02月23日

バッティングセンター「ベースボールハウススタジアム」

高岡市佐野にありますバッティングセンター「ベースボールハウススタジアム」に導入されるバーチャルピッチングマシーンに田中投手の映像が使用されることになり、投球動作の撮影が高岡市内のスタジオで行われました。
本日も同行させて頂きましたのは富山の終わらないSunSet永森大士です。

当日の田中投手はまるでシーズン中を彷彿させるようなピッチングファームを披露してくれました。
出来上がりが非常に楽しみです。

現役時代同じチームだったため、対戦する機会は実戦練習のときぐらいでした。スタジアムさんのバーチャルピッチングマシーンに登場したらメッタ打ちにしてやろうと思います♪♪♪
我が同級生田中よ、俺に打たれても公式戦ではメッタ打ちされないようにな。。。

昨年は10勝を挙げた田中投手ですが、今年は15勝を目指したいと語っていました。
スタジアムさんに登板するのは3月15日(火)からだそうです。

この度、御依頼いただきましたベースボールハウススタジアムの皆様本当にありがとうございました。
ファンの皆様、今シーズンの田中投手の活躍にこうご期待!

さすらいの同行者永森大士は、今後の選手たちにも密着していきたいと思います。

■ベースボールハウススタジアム
 住所:富山県高岡市佐野1305 
 電話:0766-25-3393
  HP:http://sports-form.com/stadium/

2011年02月22日

第3回いみずSCネットワーク野球塾

先週に続き、射水市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(いみずSCネットワーク)主催の野球塾(4回コースの第3回目)を行いました。

今週講師を務めたのは、今年で入団2年目となる期待のホープ高野雅哉選手です。
そして今回の野球塾の付き添いを務めたのが、富山の吉川晃司ことわたくし永森大士です。

今回の野球塾は徹底してトレーニング系を中心に行っています。
流れとしては前回同様ストレッチ、ダッシュ、腹筋等の基礎トレーニングに加え、シャトルラン、ラダー等を使ったトレーニングをみっちり行いました。

低学年の子供たちにはちょっと難しかったかな(^^)
みんな真面目に一生懸命がんばってくれていたので、ほんとにいい一日だったと思います。
今日教わったことを忘れず、これからも続けていってほしいですね。

来週は最終回ということなので、守備、打撃といった野球の練習を中心にやっていきたいと高野選手は言っておりました。

今日の高野選手はまるで戦場で命をかける兵士のような眼差しで子供たちに指導していました。
子供たちにも高野選手の気持ちは十二分に伝わったのではないでしょうか。
今シーズンに懸ける高野選手の想いは尋常でないとわたくし永森大士は感じとった次第であります。

ちなみに先日の立山球場の除雪作業に大勢のファンの皆様のお力を借りさせていただき、本当にありがとうございました。

皆様のバイタリティー溢れる若さと精神力が新人選手たちにもいい刺激になったと思います。
わたくし永森大士も、鬼気迫る勢いでの除雪に『進藤達哉の再来か!?』と評価は高かったようです。
なんとか3月1日からグラウンドが使えるように祈るばかりです。

それではみなさん、またお会いしましょう!

2011年02月21日

富山地区体育指導委員研修会

2月20日(日)「平成22年度富山地区体育指導委員研修会」にて進藤コーチが講演を行い、体育指導委員や生涯スポーツの担当者など約180名の方にお越しいただきました。

講演のテーマは「富山から全国へ」、進藤コーチの大洋ホエールズ(現横浜ベイスターズ)の現役時代の話から講演が始まり、プロ1年目の最終4試合に一軍に呼ばれ、当日いきなり「先発」を監督から言い渡され、心の準備が出来ぬまま緊張していた進藤コーチに内野守備走塁コーチが「守備とバントさえしとけば監督から怒られることはないぞ」といわれ、緊張が解けたと言うエピソードに会場が笑いに包まれました。
ちなみに進藤コーチの理想の監督象は入団初年度の大洋ホエールズの指揮をとっていた古葉監督だそうです。

最後になりますが講演会を企画いただいた富山地区体育指導委員協議会の皆様、本当にありがとうございました。

2011年02月20日

除雪!

2月19日午前9時快晴
3月1日キャンプインに向けて、立山野球場の除雪に行って参りました。

立山野球場は、もちろん一面雪、雪、雪。

何となく、あそこがマウンドで、あそこがブルペンで、あそこくらいにホームベースか・・・。
積雪は50僂らいあったでしょうか。


ちょっと呆然とすくらいの雪、いや雪原でした。
まずは、横田監督よりご挨拶させていただき、除雪スタート。

ブルペンと外野は横田監督、内野は進藤コーチが中心となって除雪・・・


最近の暖かい天気と雨のお陰で、雪が重いこと重いこと。
腰も腕も肩も足も大変なことになりました。
除雪中に参加して下さったファンの方々と新入団選手が一緒に作業をされており、
少しでも距離が縮まっていれば嬉しいことです。

今回の除雪の成果は、
1.ブルペン掘り出し成功
2.内野はホームから三遊間はノックできるかも
3.外野は桑田ロードならぬ除雪ロードが完成し走れる一本道が完成
積雪を考えれば大成功な一日でした。
4〜50人のファンの皆様、富山グラウジーズの黒田社長と選手とスタッフの皆様、取材が終了してもお手伝いいただいたメディアの皆様、除雪機を貸与いただいた皆様、急遽除雪に駆けつけていただいた西田組の皆様、本当にありがとうございました。
まだまだ雪は残っておりますが、お手伝いいただいた皆様のお気持ちに応える為にも
これからの1日1日を大切に過ごし、10月に皆様と一緒に四国遠征へ旅立つ決意であります。
本当にありがとうございました。

追伸 起きてみると、関節と筋肉がギシギシと音を立てております。
   気づいてみれば30も半ばを過ぎ、無理のできない年齢になりつつ・・・。がんばります。

2011年02月17日

開幕まで7週間

2月14日から、選手達は合同自主トレを開始しました。
今シーズンは、新入団選手が多く体作りで心配をしておりましたが、トレーナーからの報告では、”ほとんどはしっかり作ってるが、少し足りないくらい選手が若干”とのこと。
少し足りない選手には猛省を期待し、しっかり作ってきた選手には自覚を持って、焦らず4月9日に合わせて欲しいと思います。
そんな中、在籍選手はしっかり体を作っており、心配が無いとの報告。
最終戦で骨折⇒手術した上田選手についても”全く問題ない”とのこと。
新入団選手とは、自覚と経験が違うのでしょう。
今シーズンは、上田、成瀬の地元クリーンナップに期待できそうです。

さて、2月13日BCL合同トライアウト、BCLドラフトに参加して参りました。
結果は既報の通り、指名なしの結果に終わりましたが、色々な事を考えさせられるトライアウトでした。
まず、2月の時期に”何割くらい”割引して考えればよいのか?
オフシーズンで実践感は無い。生きた球に接していない。
割引率はいかほどなのか?
参加している選手達の仕上がり具合は何%なのか?
そして、12月のドラフト指名⇒入団選手による”空き枠”との相談。
皆様ご存知の通り、1に左投手、2に投手、3も4もなしで5も投手。
今回は杞憂に終わりましたが、野手に素晴らしい選手が居た場合、
指名するのかしないのか。悩ましいですね。
結果としては、12月のドラフトであれば指名したかもしれない選手は数名いましたが、2回目のドラフトとしては残念な結果でした。
今シーズンは、一先ず22名体制で開幕を迎えることになります。

翌14日・15日は東京へ出張して参りました。
14日には、四国アイランドリーグplusの方々や、女子プロ野球リーグの方々、様々なメディアの方々とお目にかかり、貴重な情報交換をさせていただき、とても参考になりました。
また、15日には螢蹈テクノ様を訪問し、伊東社長より様々なアドバイスとアイディアを頂戴して参りました。
いつも悩み、壁に当たると叱咤激励いただき、大変お世話になっております。
東京に頻繁に行くことはできないのですが、東京出張の際には、また良きアドバイスをお願いします。

2月19日は立山野球場の除雪
3月1日にキャンプイン
3月19日には伏木海陸運送野球部様の胸を借り、実践スタートです。
開幕まで残り7週間
後悔の無いよう準備し
4月9日の福井
4月10日の地元開幕戦を迎えたいものです。

2011年02月12日

第2回いみずSCネットワーク野球塾

先週に続き、射水市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(いみずSCネットワーク)主催の野球塾(4回コースの第2回目)を行いました。

今週講師を務めたのは、上田真幸選手(黒部市出身)です。
まずは先週同様、ストレッチやダッシュ、下半身強化(股関節回り)、そして腹筋・背筋・体幹を鍛えるトレーニングを1時間ほど行いました。

続いて上田選手は内野手ということで、内野の送球練習を行いました。

ちなみにこの練習は、相手の手前でボールをわざとバウンドさせることにより、捕球(守備)の練習も兼ねています。

そして最後は、バッティング指導!

スイングチェックして、一人一人アドバイスを行いました。

次回は、2月19日(土)大門総合体育館で高野雅哉選手が講師を務めて行います。
お申込み、お問合せにつきましては、射水市内の下記5つのスポーツクラブにお問合せ下さい。
しもむらスポーツクラブまいけ TEL:0766-59-2824(下村体育館内)
おおしまスポーツクラブ TEL:0766-52-8611(ヨシダ大島体育館内)
だいもんスポーツクラブ TEL:0766-52-4655(大門総合体育館内)
新湊カモンスポーツクラブ TEL:0766-82-8277(新湊アイシン軽金属スポーツセンター内)
こすぎ総合スポーツクラブきらり TEL:0766-56-6443(小杉体育館内)

2011年02月08日

射水市立大門小学校

大門小学校では、総合的な学習の時間として、夢をもち、そのために様々な努力をした方から話しを聞く機会を設け、子供たちの今後の生き方について考えさせる学習を行っておられます。
この度、その総合学習の一環として、進藤コーチが『夢を目標に』と題し、4・5・6年生(405名)を対象に講演を行いました。

講演では、高岡商業高校時代や横浜ベイスターズでの選手時代の経験などを交え、大きな「夢」を実現させるため、小さな目標から設定し、一つ一つクリアしていく事や小学生の内は1つだけでなく、たくさん夢を持ち実現に向けて努力する事など進藤コーチの実体験を交え、話しをさせていただきました。

ちなみに進藤コーチは、野球選手じゃなければ「証券会社」で働くことが夢だったそうです。。。

2011年02月07日

いみずSCネットワーク野球塾

皆さん、こんにちは!

昨年に引き続き、本年度も射水市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(いみずSCネットワーク)主催の野球塾を開催する事となりました。
今年は、週1回(計4回)射水市内の体育館で開催し、その第1回目として下村体育館にて野球塾を行いました。1回目は日名田投手(氷見市出身)が講師を務めました。

この日は射水市内の学校行事と重なってしまったため、参加してくれたのは6名だけでしたが、その分みっちり指導を行う事ができました。

今回の野球塾では、ストレッチやダッシュ、下半身強化(股関節回り)、そして腹筋・背筋・体幹を鍛えるトレーニングを中心に行いました。









次回は、2月11日(金・祝)小杉体育館で上田選手(黒部市出身)が講師を務めて行います。
お申込み、お問合せにつきましては、射水市内の下記5つのスポーツクラブにお問合せ下さい。
しもむらスポーツクラブまいけ TEL:0766-59-2824(下村体育館内)
おおしまスポーツクラブ TEL:0766-52-8611(ヨシダ大島体育館内)
だいもんスポーツクラブ TEL:0766-52-4655(大門総合体育館内)
新湊カモンスポーツクラブ TEL:0766-82-8277(新湊アイシン軽金属スポーツセンター内)
こすぎ総合スポーツクラブきらり TEL:0766-56-6443(小杉体育館内)

2011年02月04日

チアティーズ初顔合わせ

2月3日19:30
チアティーズメンバー、研修生の初顔合わせと説明会が行われました。
冒頭にご挨拶させていただいたのですが、
メンバーのピンと伸びた背筋と、研修生の希望に満ちた顔を拝見させていただき、
チアティーズの輝かしい未来を確信致しました。

きっと、4月の開幕直後は,緊張で失敗することもあるでしょう。
雨上がりの球場では、足が滑って上手くいかないこともあるでしょう。
チームの中で考え方の違いや、モチベーションの差が出ることもあるでしょう。
色々な経験をし、様々な困難があっても、
ここに集まったメンバー達の凛とした姿を見れば、
シーズンが終了する頃には素晴らしいパフォーマンスを見せて、
いや、魅せてくれるはずだと信じる事が出来ます。
研修生の子達も、一生懸命練習して、
一日でも早くメンバーにステップアップできることを願っております。
ご来場いただける皆様には、
どうか暖かく、長い目で、時には厳しくチアティーズと研修生の成長を見守り、
一緒に育てていただきたいと切にお願い申し上げます。


未来への揺ぎ無い希望と自信を持ったチアティーズと接し、
自然と背筋が伸び、やる気が溢れてきました。
選手もスタッフもチアティーズには負けられません。
厳しい戦いを4シーズン戦い抜いた意地があります。
チアティーズよりも輝く為に
戦いは既に始まっています。
ユニフォームが小さくなった選手が何人もいます。
2011年は、チアティーズはもちろん、富山サンダーバーズの戦いに期待して下さい。


■告知
チアティーズメンバーまだまだ募集しております。
ご応募は下記まで履歴書を送付願います。
〒931-8326 富山市上野新町13番地
衂抻灰汽鵐澄璽弌璽坤戞璽好棔璽襯ラブ
”チアティーズオーディション”係

※オーディション日程、場所等は、後日ご連絡差し上げます。

2011年02月01日

野球教室〜四方フライヤーズ〜

1月30日 四方小学校体育館にて、北陸電力プレゼンツ富山サンダーバーズ野球教室〜四方フライヤーズ〜に行って参りました。

本日は、投手担当:日名田城宏投手 野手担当:坂本斗志選手の2名が講師を務めてさせていただきました。

外は白銀の世界、気温も低くケガをいやすい環境。
まずは整列して自己紹介とご挨拶

続いてランニング、ストレッチ、柔軟体操・・・約1時間入念に入念にウォーミングアップをしていました。ウォーミングアップを怠ってケガをしてしまっては、上手になることはおろか、野球をプレーすることすら出来なくなってしまいますから、ここは手を抜かず入念に入念に。

続いてキャッチボール。まずはボールの正しい握り方。
四方フライヤーズの選手達は正しい握り方を知ってました。エライ!
指導者の方がしっかりしておられるのですね。

投手・バッテリーに分かれて個別教室。
ここでは、テンションの上がった子がふざけてしまい、坂本選手から注意がありました。
野球は金属バットに硬式ボール、一歩間違えば危険なスポーツ。
注意して、基本的なルールが守れれば、楽しいスポーツです。
ちょっと嬉しくてふざけちゃったのかな。
その後は真剣に野球に取り組んでいました。

そして最後は打撃指導。
テニスボールでトスバッティング後に一人一人にアドバイスを送り、
クールダウンをして本日の野球教室は終了
3時間の充実した野球教室でした。

最後に記念撮影をパチリ
参加された子供達が、もっともっと野球が好きになってくれると嬉しいですね。


富山サンダーバーズでは、地域貢献活動に積極的に参加しております。
野球教室や、雪下ろし等、若い力が必要な時はお声がけ下さい。
スケジュールの許す限り地域の皆様のお手伝いをさせていただきます。
お問合せは下記までお気軽にご連絡下さい。
076−482−3202
info@t-thunderboirds.jp

Powered by
Movable Type 3.35