TOP > 大士〜17安打13点爆勝!! 大士今季1号3安打3打点

2007年06月24日掲載

大士〜17安打13点爆勝!! 大士今季1号3安打3打点

〈切り込み隊長「やっと出た」〉
166造両柄な体がくるりと回る。コンパクトに振り出されたバットが内角のスライダーを完ぺきにとらえる。打球は長野の青空を切り裂き、右翼スタンドに突き刺さる。0−2から同点に追いついた2回だ。2死一塁で飛び出した初本塁打に「やっと出ました。体の回転で鋭く打てました」と大士。思わず自画自賛した。

先発の萩原が1回に2点を失った。だが、直後に大士の勝ち越しの一発などで4得点。富山の切り込み隊長が打線に火をつけた。2回に2点を奪われ、同点に追いつかれるものの、3回、クリーンアップの3連打などで3点を勝ち越し。その後も打ち続け、結局、17安打13得点で大勝だ。

9回にも適時打を放つなど3安打3打点の大活躍を見せた大士。開幕直後は3割5分を越える打率をキープして、スタートダッシュの原動力になった背番号9だが、当然、他チームは徹底マーク。内角攻めを食らい、打率も2割5分近くまで下降した。

〈不振から脱却「常に平常心」〉
結果が出ない苦しい日々。気持ちが落ち込んでもおかしくなかったが、「打率は終わってみてなんぼ。気にしない」と不調の中、普段通りの日々を送った。そこには師と仰ぐ・宮地克彦プレーイングコーチ(35)の存在があった。
「宮地さんはその日の結果に一喜一憂しない。常にシーズンを通した長い目で見ている」と大士。生きた手本の精神面をまね、黙々と練習を続けた。内角攻めが続く中、あえて内角を意識せず、力まずにバットを振ることで解決の糸口を見いだした。「常に平常心でいること」−。05年のパ・リーグベストナイン・宮地から学んだ精神力で不振から脱却した。

「今まで通り、1番として、四球でもデッドボールでも、ヒットでもいいから塁に出るだけです」と大士。復活した先頭打者が、富山を引っ張る。

プロフィール

とやま・いしかわ報知
「スポーツ報知」にて富山、石川に密着したスポーツ記事を掲載中。

カテゴリ