TOP > 2008年11月

2008年11月 アーカイブ

< 2008年10月 | 2008年11月 | 2015年03月  >

2008年11月15日掲載

鈴木 康友〜北陸地区前後期V手腕に高評価「来季は日本一」BC富山鈴木監督続投

BCリーグの富山サンダーバーズ・鈴木康友監督(49)が来季も指揮を執ることが14日、決定した。球団側は北陸地区で前後期完全制覇し、リーグ優勝した指導力を高く評価。12日の2度目の交渉を経て、続投が決まった。横田久則コーチ(41)、小牧雄一コーチ(41)の残留も明らかになった。

〈球団知名度も向上〉
淡々と話す言葉の中に、充実感があふれ出た。来季続投が正式に決まった鈴木監督。「BCリーグチャンピオンになれたし、野原(祐也)をNPBに送り出すこともできた。しかし、これからが正念場。来季は日本一を目指していく」09年への強い決意が、言葉となって表れた。

宮地克彦プレーイングコーチ、井野口祐介外野手の主力コンビが退団した今季。チームは“つなぎ野球”への転換を追られたが、北陸地区を完全優勝。BCリーグを初制覇した。その指導力に加え、永森茂球団社長は「球場内外で球団の知名度を広げるために尽力してくれた」と高評価。4日に続く12日の交渉で、続投が正式に決まった。

来季はリーグ連覇、日本一奪取が目標となるが、課題は多い。育成ドラフトで阪神に指名を受けた主砲・野原外野手、小園司投手、草島諭外野手ら、主力が次々と退団した。指揮官は「NPBで、これだけ選手が入れ替わることがないので、難しい」と話したが、続けて「新戦力はもちろん、コンバートも考えないといけない。これからじっくり考える」。08年を制した経験と、その手腕で、栄冠をつかむつもりだ。

〈最高のメンバー〉
指揮官の続投決定で「康友さんが続投するなら、チームに残りたい」と話していた横田コーチ、小牧コーチの残留も濃厚となった。指揮官が「小牧は打撃投手など練習に熱心だし、横田も投手陣をうまくまとめてくれる。最高のメンバー」と評する首脳陣で、雷鳥軍団が黄金時代を作り上げる。

2008年11月08日掲載

野原 祐也〜野原体重おしぼり君です

〈育成1巡目指名あいさつ〉
プロ野球のドラフトで、阪神から育成1巡目で指名を受けた富山サンダーバーズの野原祐也外野手(23)が7日、立山球場で指名あいさつを受けた。阪神からは池之上格スカウト課長が出席。現在、リーグ戦中から体重3キロ増で85キロの野原だが、来年1月の新人合同自主トレの前に「ベストな状態に持っていきたい」と“ダイエット”に取り組み、戦える体を作ることを誓った。

〈指揮官から苦言〉
デッドボールよりも“痛かった”。指名あいさつ前の立山球場。ティー打撃で汗を流していた野原に、富山・鈴木康友監督(49)がポツリと言った。「だんだん顔が丸くなってきたな。朝青龍みたいになってきたぞ」2年間お世話になった指揮官の言葉に“おかわり君”は苦笑いするしかなかった。

富山での最後の試合となった香川戦から10日後。野原の体は確実に大きくなっていた。82試合に及ぶ戦いを終え、現在は優勝祝勝会などが続く生活。「嫌いな物はない。食材はすべて好き」という野原は、連日のように食べまくり、リーグ戦期間中のベスト体重82、83キロから、この日までに85キロとなっていた。「オフはいつも体重が増える」と話すが、今年3月には90キロになったこともあり、今季の開幕直後、打率は低空飛行。太りやすい体質が、50メートル走5秒9の快足の足かせになったことは間違いない。

〈体質改善に着手〉
同じ失敗は繰り返さない。そのカギを握るのが昨年、富山入りする前に購入した料理本だ。これまでトイレで見る程度だったが、これからは「活用していきたい」。鶏肉中心のカロリーの少ない食事に制限して、今月中旬からは西武のG・G・佐藤外野手(30)と合同練習。1月の新人合同自主トレの前に、完全に体を絞り上げるつもりだ。

6日には、阪神の大ファンとして知られるタレント・松村邦洋から激励の花束が贈られ、池之上スカウト課長からは「外野の一角に食い込めるよう、気持ちの強さを前面に出して欲しい」と期待された。新入団選手発表は12月中旬に行われる。「まずはけがをしない丈夫な体を作りたい」と野原。甲子園でプレーするためのダイエット生活で、富山の最強打者は最高の戦闘態勢を作り上げる。

2008年11月05日掲載

野原 祐也〜GG佐藤に弟子入り GO!!GO!!野原

〈阪神育成1位〉
プロ野球のドラフトで、阪神から育成1巡目指名を受けた富山サンダーバーズの大砲・野原祐也外野手(23)が、今月中旬から西武のG・G・佐藤外野手(30)と合同練習を行うことが4日、明らかになった。3日に行われたファン感謝祭で、野原は最後のユニホーム姿を披露。西武優勝の原動力となった北京五輪日本代表から技術と強いハートを学び、NPBに乗り込むことを誓った。

〈見習うこと多い〉
富山の“おかわり君”が「きもてぃー」の絶叫パフォーマンスでおなじみのレオ戦士から、一流の技を盗む。4日、立山球場で自主トレを行った野原。「GGさんはもうNPBで活躍してる方だけど、野球に対するハングリーさが違う。見習うべきところがたくさんある」と、西武のG・G・佐藤との合同練習プランを披露した。

あこがれのスラッガーとの修行で、NPB仕様にモデルチェンジする。昨年も元新潟・根鈴雄次プレーイングコーチに紹介され、G・G・佐藤と徹底した筋トレを敢行。実家の埼玉・越谷市から神奈川県内の施設に通うためには約2時間かかったが「普段の呼吸から、GGさんは命をかけて練習していた。価値のある練習だった」と野原。充実の日々を振り返る。

今季は無冠に終わったものの、50蛋では自己記録を0秒3縮める5秒9。足を武器にリーグトップの9本の三塁打を放ち、盗塁も12個(リーグ4位)、マークした。北京五輪代表とのトレーニングで「足」という武器を得たことが阪神の育成指名につながったのだ。

〈球団の垣根を越え〉
今月1日、G・G・佐藤のもとへ育成ドラフトで指名を受けたという報告メールを送ったところ「早く、一緒に練習しよう」という返信が届いた。現在は故障に苦しんでいる先輩の心遣いから、球団の垣根を越えた合同練習が今オフも実現することになった。

夢の合同練習に向け「けがをしない体をつくりたい。最初からアピールできるように、さらにパワーアップしたい」と野原。縦じまのユニホームに袖を通す前に、さらなる成長を遂げるつもりだ。

〈第2の故郷 富山のファン500人に“最後の雄姿”〉
富山の一員として、最後のユニホーム姿を披露したファン感謝祭。野原が最後まで“らしさ”を見せた。来春の選抜大会に出場する滑川高女子ソフトボール部とのソフトボール対決に「1番・二塁」で先発出場。3回2死一塁の第2打席では、二塁前のボテボテのゴロだったが、「真剣にやりたかった」と全力疾走。足で意地の二塁内野安打とし、1−6の敗戦の中、集まった500人のファンを魅了した。

午後に行われたスピードガン・チャレンジなどのゲームコーナーでは、サイン攻め。「ファンに感謝の気持ちを伝えたかった」と、100枚以上の色紙にペンを走らせ、“おかわりスマイル”を振りまいた。

閉会式では、関西独立リーグ・神戸9クルーズへの入団を希望しているストッパー・小園司(26)ら他の退団選手と一緒に3度、胴上げされた。この日、家族3人で駆けつけた父・保巳さん(42)も「とりあえず、スタートラインに立てた。富山に来て、大正解」と息子の成長ぶりに目を細めた。

さあ、NPBの大舞台へ。野原は「富山は第2のふるさと。早く支配下選手に登録されて、恩返ししたい」と飛躍を誓った。

2008年11月03日掲載

野原 祐也〜野原ひと足お先に虎ユニホーム披露!!

〈富山サンダーバーズリーグ優勝パレード〉
BCリーグの富山サンダーバーズが2日、富山市の総曲輪通りでリーグ優勝パレードを行った。永森茂球団社長、鈴木康友監督、コーチ、選手が参加。富山県一の繁華街でファンの声援に応えた。阪神の育成ドラフト1位に指名された野原祐也外野手(23)が、ファンから受け取った阪神のユニホームに満足そうな表情を浮かべた。
デパートの大和富山店前では、鏡割りを行った後でファンと交流。今季限りで退団する小園司(26)が「富山には2年間お世話になった。今後も関西独立リーグなどでプロを目指したい」と話せば、「これから活躍して、富山の人に恩返ししたい」と野原。ファンとの別れを惜しんでいた。

プロフィール

とやま・いしかわ報知
「スポーツ報知」にて富山、石川に密着したスポーツ記事を掲載中。

カテゴリ