TOP > 富山1日で再奪取!!

2008年08月31日掲載

富山1日で再奪取!!

富山サンダーバーズは初回2死二、三塁から町田一也(22)が先制2点右前打を放つなど2安打3打点。その後も着実に加点し、投げても188賊ο咫μ效智朗(26)ら4投手の継投で信濃グランセローズに5−2で快勝した。石川ミリオンスターズが新潟アルビレックスBCに3−5で敗れたため、富山が1日で首位に返り咲いた。

〈町田昇格ズバリ2安打3打点!!〉
白球が一筋の線となった。3回1死二塁。断続的に降り続く雨を、富山・町田の放ったライナーが切り裂いた。リードを3点に広げる左中間への適時三塁打。三塁コーチスボックスの鈴木康友監督(49)と目が合い、笑みがこぼれた。

1人で試合の流れを作った。初回2死二、三塁には、詰まりながらも5試合連続安打となる先制の2点右前打。2安打3打点の活躍に「ホントはもっと点が欲しかったけど・・・。でも、先制点が取れて良かった」両軍合わせて30残塁。3時間37分の長い試合となったが、勝敗を決めたのは、富山の背番号51だった。

「おかわり(4番・野原)の後にはチャンスが来る。走者を置いた場面で町田を立たせたかった」鈴木監督はチームを2位の27打点を挙げている男を、今季初めて5番に起用。「どこでもいい。チャンスで打ちたかった」と町田。指揮官のさい配に応える仕事ぶりで首位へと導いた。

一時、下降線が続いた打率も、気付けば3割目前の2割9分7厘。「欲を出したら、ダメになる。明日ですね」雷鳥軍団の“頼れる男”は、まずはしっかりと足場を固める。

プロフィール

とやま・いしかわ報知
「スポーツ報知」にて富山、石川に密着したスポーツ記事を掲載中。

カテゴリ