平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

去る8月12日(日)に開催しました富山対信濃戦において、幣リーグ審判員の不手際により長時間の中断を致した件につきまして、皆様に大変ご不快な思いをさせてしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
■概要
当該審判員が誤ったコールをしたこと、また、その後の諸対応の不手際から試合運営に支障をきたし、約25分もの中断を致しました。
富山サンダーバーズ及び信濃グランセローズ、両球団のファンの皆様、並びに球場にお越し頂いた皆様には、大きな混乱を招き、大変ご不快な思いをさせてしまいましたことを重ねてお詫び申し上げます。
■再発防止としての今後の対応
ヽ道邱腓砲ける審判団の連携強化
各審判員が有する権限の再確認
正確な裁定の平準化
ぞ貽眄睫世砲けるマニュアルの徹底
以上4点に重点を置き、指導の徹底と技術向上に努めて参る所存です。

株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング
代表取締役  村山 哲二
⇒PDF形式はこちら